初任者研修、今なら44,800円

初任者研修

メイン画像

初任者研修概要

介護職員初任者研修は、介護に携わる者が、基本的な介護業務を行うことができるようにすることを目的と
しています。
介護・福祉のお仕事をする上で、まず、取得する必要のある資格となります。

初任者研修カリキュラム

科目名 項目 時間数
通学 通信
1.職務の理解 (1)多様なサービスの理解
(2)介護職の仕事内容や働く現場の理解
6
2.介護における尊厳の保持
  自立支援
(1)人権と尊厳を支える介護
(2)自立に向けた介護
1.5 7.5
3.介護の基本 (1)介護の役割、専門性と多職種との連携
(2)介護職の職業倫理
(3)介護における安全の確保とリスクマネジメント
(4)介護職の安全
3 3
4.介護・福祉サービスの理
  解と医療との連携
(1)介護保険制度
(2)医療との連携とリハビリテーション
(3)障害者自立支援制度およびその他制度
1.5 7.5
5.介護におけるコミュニ
  ケーション技術
(1)介護におけるコミュニケーション
(2)介護におけるチームのコミュニケーション
3 3
6.老化の理解 (1)老化に伴うこころとからだの変化と日常
(2)高齢者と健康
3 3
7.認知症の理解 (1)認知症を取り巻く状況
(2)医学的側面から見た認知症の基礎と健康管理
(3)認知症に伴うこころとからだの変化と日常生活
(4)家族への支援
3 3
8.障害の理解 (1)障害の基礎的理解
(2)障害の医学的側面、生活障害、心理・行動の特徴、かかわり支援等の基礎的理解
(3)家族の心理、かかわり支援の理解
2 1
9.こころとからだのしくみと生活支援技術 T.基礎知識の学習
(1)介護の基本的な考え方
(2)介護に関するこころのしくみの基礎的理解
(3)介護に関するからだのしくみの基礎的理解
6 4
U.生活支援技術の講義・演習
(1)生活と家事
(2)快適な住居環境整備と介護
(3)整容に関連した心と身体のしくみと自立に向けた介護
(4)移動・移乗に関連した心と身体のしくみと自立に向けた介護
(5)食事に関連した心と身体のしくみと自立に向けた介護
(6)入浴に関連した心と身体のしくみと自立に向けた介護
(7)排泄に関連した心と身体のしくみと自立に向けた介護
(8)睡眠に関連した心と身体のしくみと自立に向けた介護
(9)死にゆく人に関連した心と身体のしくみと終末期介護
47 5
V.生活支援技術演習
(1)介護過程の基礎的理解
(2)総合生活支援技術演習
12 1
10.振り返り (1)施設実習 4
修了試験 1

学習の流れ

学習の流れイメージ

初任者研修開講スケジュール

初任者研修開講スケジュール
初任者研修開講スケジュール詳細はこちら該当ページへリンク

研修機関が公表すべき情報の内訳


法人情報

■ 法人格・法人情報・住所等

株式会社フロンティア
愛知県名古屋市東区泉一丁目19番8号 フロンティアビル

■ 代表者名 研修事業担当理事・取締役名

代表取締役 原口 秀樹
取締役   塚本 友紀

研修機関情報

■ 事業者名称・住所等

株式会社フロンティア フロンティア介護スクール
愛知県名古屋市東区泉一丁目19番8号 フロンティアビル4階

■ 理念

介護に携わることを希望する人が、業務を遂行する上で社会福祉に関する基礎的・基本的 な知識と技術を総合的、体験的に習得しそれを実践する際の考え方のプロセスを身につけ、 基本的な介護業務を行うことができる人材を育成し、地域の福祉に貢献する。

■ 学則

■ 研修施設・設備

株式会社フロンティア 会議室
名古屋市中村区名駅一丁目1番1号 JPタワー名古屋30階
株式会社フロンティア 研修室
名古屋市東区泉一丁目19-8 フロンティアビル2階3階
<設備>
介護用ベッド、車椅子、浴槽、排泄用具(ポータブルトイレ・尿器・差し込み便器、オムツ)、リネン類、介護用寝衣、杖、歩行器、食事関連用具一式、入浴関連用具一式、その他消耗品

研修の概要

■ 対象

・16才以上の心身ともに健康な方
・全カリキュラムを指定した日時・場所で受講できる方

■ 研修スケジュール

■ 定員と指導者数

・定員    : 1クラス 20名
・指導者  : 31名

■ 研修受講までの流れ

  1. 当社指定の受講申込書に必要な事項を記入し、FAXまたは郵送にて申込むか、ホームページより受講申込みを行う。
  2. 受講申込受付後、受講決定通知書を受講生に通知する。
  3. 受講決定通知書を受け取った受講生は、指定の期日までに受講料を支払う。
  4. 受講料のご入金を確認後、受講生へ教材を送付する。

■ 費用

55,000円(テキスト代・消費税込み)
※割引制度あり

■ 留意事項

受講者数が5名以下の場合は開講を中止します。

■ 特徴

現場で活躍しているスタッフが講師をしていますので、より実践に近い技術や知識をお伝えできることが魅力です。短期集中コースは受講期間も短く、約1ヶ月で資格を取得できます。週1コースはお仕事や子育てをしながら受講することができます。


課程責任者名

■ 研修担当主任

水谷 安男

研修カリキュラム

■ 科目別シラバス・特徴

■ 科目別担当教官名

■ 科目別通信・事前学習とする内容及び時間

■ 通信課題の教材・指導体制・指導方法

<教材>
・介護職員初任者研修テキスト(ミネルヴァ書房刊)
・通信課題問題集(全8科目)

<指導体制・指導方法>
通信課題は講義を受講する前の事前学習として行うものとする。
テキストを熟読し課題に取り組む。質問があれば質問用紙をFAXか郵送で受け付け随時回答する。自宅学習でわからなかったところは講義で再確認をする。

■ 修了評価の方法

  1. 通信課題は、A(90点以上)、B(80〜89点)、C(70〜79点)、D(70点未満)の4段階評価としC以上を合格点とする。D評価の場合は再提出をし再評価を行う。
  2. 通学による講習は研修科目のすべてに出席しなければならない。
  3. 研修科目「9.こころとからだのしくみと生活支援技術」の生活支援技術は、講師による習得度の評価を行い、理解度の高い順にA・B・C・Dの4段階評価とし、C以上を合格点とする。D評価の場合は再受講し再評価を行う。
  4. 実習は、実習指導者による評価を行い、理解度の高い順にA・B・C・Dの4段階評価とし、C以上を合格点とする。D評価の場合は再実習を行う。
  5. 修了試験は、100点満点中70点以上を合格とする。不合格の場合は補講を行い再試験を行う。

実習施設

■ 協力実習機関の名称・住所・担当者名等

■ 協力実習機関の介護保険事業の概要

■ 実習プログラムの内容・指導体制

  1. 開始時のオリエンテーション
  2. 基本的な介護技術を見学
  3. 居室清掃、ベッドメイキング、洗濯、食事の準備などを体験
  4. 利用者様とのコミュニケーション
  5. 終了時の振り返り

■ 協力実習機関における延べ人数

8施設延べ20名

講師情報

■ 名前、略歴、現職、資格


実績情報

■ 過去の研修実施回数(年度ごと)

・平成25年度 14回
・平成26年度 18回
・平成27年度 16回

■ 過去の研修延べ参加人数(年度ごと)

・平成25年度 164名
・平成26年度 250名
・平成27年度 188名

連絡先等

■ 申し込み・資料請求先

株式会社フロンティア フロンティア介護スクール

〒461-0001 愛知県名古屋市東区泉一丁目19番8号 フロンティアビル4階
TEL:052-961-9955 FAX:052-961-9901

■ 苦情対応者

フロンティア介護スクール
担当窓口:尾河静香
TEL:052-961-9955